改正貸金業法「総量規制とは?」②

改正貸金業法(総量規制)は個人の借入総額が「年収の3分の1」までに制限される仕組みを言います。

総量規制には、「除外」または「例外」となる貸付けがあります。

除外の貸付けとは、総量規制の対象とならない貸付けです。不動産購入のための貸付け、自動車購入時の自動車担保貸付けなどは、同じ貸付けの残高としてあっても総量規制の貸付残高には含まれません。

例外の貸付けは、除外とは違います。貸付けの残高としては算入するものの、例外的に年収の3分の1を超えている場合でも、その部分について返済の能力があるかを判断したうえで、貸付けができるものです。

例えば年収が300万円ある人が、100万円を借入れている場合、これですでに3分の1となりますが、緊急に医療費としてあと30万円借りたいというような申し出があったときに、これについては例外規定という形で貸付けができる場合があります。これが例外の貸付けにあたります。

出典「日本貸金業協会HP」より

次に、必要となる書類を見てみましょう。→次のページへ

© Copyright Mobiledoor,inc. All Rights Reseved.