お勉強で解決

消費者金融での借り入れを正しく安全に利用するための「お勉強講座」です。

実質年率を知る

実質年率は、一年間につく利息の割合のことを指します。
しかし利息以外にも経費がかかる場合があります。例えば、手数料や保証料などです。
こうしたものも全てひっくるめた合計額を年率換算したものを、実質年率と捉えます。

仮に、表面金利が10%で、保証料が2%の場合、実質年率は12%になります。

(※消費者金融会社の場合は、実質年率で表示するように定められているので、そのままの数字が実質年率です。)

借り入れを金利で比較する場合は実質年率をみる必要があります。

また、この実質年率の上限は年率20%が限界と出資法で定められています。
これ以上高い年率で利息を取る業者は正規の業者ではありませんのでご注意を。

現在は金融業者のほとんどがこの20%より低い金利を定めているようです。

さて、選び方講座を勉強したところで、次は返し方についも勉強してみましょう。→次のページへ(重要ポイント)

© Copyright Mobiledoor,inc. All Rights Reseved.