お勉強で解決

消費者金融での借り入れを正しく安全に利用するための「お勉強講座」です。

重要ポイント

返済の際、返済額を低く設定しておくと楽ではありますが、それだけ長く借りることになり支払う金利も増えてしまいます。

低めに設定しておき、余裕のある時に多く返済するという手もあります。

リボ払いなどは、毎月1回の返済期限日が定められていますが、それよりも前に返済してもOKですし、金額も設定金額以上なら多くても問題ありません。

返済額は無理のない範囲で多めにあてましょう。

なお、期限日までに支払わなかった場合、あなたの信用情報にその事実が書き加えられます。

将来的に限度額を増やしたいとか、他の金融会社でも契約したいという場合に不利になりますので、延滞だけは避けましょう。

キャッシングをすれば金利も発生してきます。次は金利について見てみましょう。→次のページへ(金利について)

© Copyright Mobiledoor,inc. All Rights Reseved.