お勉強で解決

消費者金融での借り入れを正しく安全に利用するための「お勉強講座」です。

必要なもの

消費者金融で借入れをする場合、本人確認書類として運転免許証(交付を受けていないお客さまは健康保険証、パスポート)が必要となります。

また、本人確認書類の住所が申込み住所と異なる場合、現住所が記載された以下のいずれかの書類が必要となります。

・公共料金の「領収書」 (電気、都市ガス、水道、電話、NHKのいずれか1つ)
・社会保険料の「領収書」
・国税、地方税の「領収書」
・「納税証明書」

※ただし、確認時に領収日付または発行年月日から6ヶ月以内のものに限ります。

以下に該当する場合は収入証明書「給与明細書(直近1ヵ月分※)または源泉徴収票等」が必要となります。

・他社を含めたお借入総額が100万円を超える場合
・ご利用において50万円を超えるご契約を行う場合

※給与明細書に「住民税(地方税)」の記載がないものについては、直近2ヵ月分および「賞与明細書(直近1年分)」が必要となります。

預貯金口座振替を希望する場合は引落口座がわかるものおよび、その口座の届出印が必要となります。

次は、申し込みの流れについて見てみましょう。→次のページへ(申込みの流れ)

© Copyright Mobiledoor,inc. All Rights Reseved.